韓国に行ったらクラブで夜遊びはマスト!

眠らずに遊べると有名な韓国。グルメ、ショッピング、エステ、観光、と見所はたくさんありますが、女子旅で訪れるならばナイトスポットも見逃せません。エリアによって雰囲気も異なるので、自分好みのエリアを見つけましょう。今回は韓国ソウルのクラブ事情を探って行きます。日本とはひと味違うエネルギッシュなソウルの夜を、お酒を飲んで遊び倒しましょう!

韓国のクラブ文化の特徴 日本とどう違う?

韓国と日本のクラブで遊ぶ際のルールなどはほとんど一緒ですが、来ている人は韓国の方が多様と言われています。日本のクラブはパーティー慣れしている人が多いイメージですが、韓国ではクラブで遊ぶことが割と一般的なので、色んなタイプの人がいるのを見ることができて面白いです。また、韓国のクラブには芸能人もよく訪れるそうで、運が良ければ憧れのスターに遭遇できるかもしれません!

韓国でクラブに行くときに気をつけること

・パスポート確認 IDチェックがあるため、パスポートのコピーまたは原本が必要になる場合もあります。事前に確認して忘れずに持って行きましょう。ただしパスポート原本を持ち歩く際は紛失や、盗難には十分に注意しましょう。 ・ドレスコードが厳しいことも ドレスコードが厳しいクラブも多く、気合いを入れてお洒落をしないと入れない、なんてこともあります。もちろんカジュアルな格好で入れるところもありますが、事前に調べて行きましょう ・トラブルには気をつけて 日本のクラブでも同様ですが、音楽を楽しむために来る人ばかりではなく、出会いを求めて来る人も多くいます。万が一のトラブルを避けるためにも、自分のドリンクからは目を離さないようにしましょう。知らない人からもらったドリンクも飲まないように!嫌なときははっきり「NO」と意思表示をし、自分の身は自分で守りましょう。

エリア別韓国のおすすめクラブと雰囲気

<弘大> その名の通り芸術系の弘益大学があることから、若者が多く集まるお洒落なエリア。夜はソウル屈指のクラブ街となります。カジュアルな服装でも入れるところも多く、客層は20代の若者が中心で、料金も休めです。 ・m2(エムツー) 弘大エリアで一番有名なクラブ。弘大エリアの中では年齢層が高いと言われています。 平日も毎日営業しており、観光客も多いのでクラブ初心者にもオススメ。曲はEDMがメインです。 ・COCOON(コクーン) 入店待ちの行列ができるほど人気のクラブ。深夜1時になると店内の証明が全て落とされて、真っ暗の中踊るイベントや、女性はテキーラ飲み放題など、イベントが充実しています。 HIPHOPとEDMのミックスです。 <梨泰院> ソウルの外国と呼ばれるほど、外国人が多いエキゾチックな街。クラブ激戦区でもあり、入れ替わりの激しいエリア。大人向けのお店が多く、年齢層は20代〜40代と高めです。 ・glamLOUNGE(グラムラウンジ) 週末は店内に入りきらないほど人で溢れる定番の一軒。ハウスやラウンジなど落ち着いたムードの曲が流れ、大人の社交場として大人気。海外VIPもよく足を運んでいます。 ・TRANCE(トランス) 知る人ぞ知るドラッグクィーンクラブ。毎週金曜・土曜の深夜2時半頃から開催される彼女たちのショーステージは必見。曲はアゲアゲのPOPチューンです <江南> 近代的なビルが立ち並ぶオフィス街。韓国を代表するラグジュアリークラブが多く集まるエリア。ホテルの地下に隣接していることが多いのが特徴。弘大、梨泰院よりも韓国らしい雰囲気を味わえるのも魅力。年齢層は20代後半から30代。ドレスコードが厳しいところが多いので気合いを入れて行きましょう。 ・D BridgeLounge(ディーブリッジ) 韓国の美男美女が多く訪れることで有名なクラブ。天井も高く高級感のある雰囲気で、音楽もそんなにうるさくありません。他の江南や梨泰院の一般的なクラブとはひと味違った雰囲気を楽しめます。思いっきりおしゃれをして出掛けましょう。 ・OCTAGON(オクタゴン) 「ニュートップヒルホテル」の地下にある、韓国NO.1クラブ。世界的にも有名な一軒です。人気店ですが、ダンスフロアが広いので、身動きが取れないほどではありません。テ―ブル席はVIPと女性しか入れないよう、セキュリティがしっかりしているのも嬉しいところ。ジャンルはEDMです。

韓国のクラブで夜通し楽しもう!

気になるエリアはありましたか?今回ご紹介した以外にも数多くのお店がひしめき合う韓国のクラブ文化。「クラブ」というと怖いとか踊るのが恥ずかしというイメージを持つ方も多いかもしれません。ただ、お酒を飲みすぎず、自分の好きなジャンルの音楽のクラブを見つけられれば、純粋に楽しめるはずです。ダンスの上手い人もごくわずか。気にせず自信を持って踊りましょう。音楽の好みが似ている女友達と出かけるとより楽しめでしょう。ぜひ韓国のクラブデビューをして、韓国のクラブ文化に触れ、素敵な女子旅の思い出を作ってくださいね。

rite編集部