デトックス効果抜群!明洞の「HERAエステ」でヨモギ蒸し体験

韓国は言わずと知れた美容大国として有名です。街中でも年代を問わずお肌の綺麗な人をたくさん見かけます。チムジルバン(韓国式サウナ)を始め、垢すりやコルギ、ヨモギ蒸しなど、韓国独自の美容・健康法が多くありますよね。そんな中でも特に女性に人気があるヨモギ蒸しは、即効性がありデトックス効果も体感できるのでオススメです。日本でもヨモギ蒸しを体験することはできますが、韓国を訪れたらぜひ本場のヨモギ蒸しを体験してみたいもの。今回はソウルの繁華街である明洞駅から徒歩3分というアクセス抜群ながら、街の喧騒を忘れさせる癒し空間「HERAエステ」のヨモギ蒸しをご紹介します。

ヨモギ蒸しってなに?

ヨモギ蒸しとは、数百年前から韓国に伝わる民間療法の1つで、ヨモギを中心とした漢方生薬を煮出し、その蒸気で下半身を中心に蒸すものです。デリケートゾーンの粘膜から漢方成分を吸収し、発汗作用により老廃物を体外に排出します。子宮や内臓を温めることにより全身の血行促進、冷え性や生理痛などの婦人病の改善も期待でき、古来より女性に人気の施術です。 韓国では産後の女性の体を労わり、回復させるためにヨモギ蒸しを取り入れている産婦人科もあるほど。ヨモギ蒸しを受けた後しばらくは、体が芯からポカポカしているのを感じられるでしょう。定期的に通えば体質改善も期待できます。 近年では泌尿器系にも良いとされ、男性が受けられる施設も増えてきています。

よもぎ蒸しのイメージ図

「HERAエステ」での施術の流れ

お店に入って受付とカウンセリングを済ませたら、館内着に着替えます。館内は清潔感があり、モダンというよりは伝統的な韓国の雰囲気を感じられる内装です。 ヨモギ蒸しの部屋に移動したら館内着を脱ぎ、ヨモギ蒸し専用のマントを着用します。てるてる坊主のように顔だけが出ている状態になります。 ヨモギ蒸しの部屋は個室ではありませんが、ゆったりとしたスペースで落ち着けます。お尻の箇所に穴が空いた陶器の座浴器に座り、その穴から出てくる蒸気をマントの中に充満させます。マントの中に顔を入れて蒸気を鼻からゆっくりと吸い込んだり、顔に当てても気持ちがいいです。 ヨモギ蒸しは終わったあとシャワーをしない方が効果を持続しやすいとされていますが、ヨモギや生薬の香りが体にしっかりとつくので、1日の予定の終わりにスケジュールを組むことをおすすめします。 ヨモギ蒸しの間は、美味しい韓国伝統菓子とヨモギを煮出したお茶も楽しめますよ。ヨモギ蒸しを40分終えると、次はマッサージの部屋へ移動し、40分全身マッサージを受けます。

「HERAエステ」のヨモギ蒸しの特徴

・ヨモギ蒸しで使用される座浴器は木製が一般的ですが、「HERAエステ」では特注の白磁で作られた座浴器を使用しています。見た目もとても可愛いですよね。木製だとせっかく出たヨモギや漢方生薬の蒸気を木が吸ってしまいますが、陶磁器製ならその心配はありません。カビが生える心配も少なく、お手入れもしやすいので衛生的です。 ・「HERAエステ」で使用される薬草は韓医院に依頼して処方された特別なものです。

「HERAエステ」のおすすめ点と残念な点

・おすすめ点 「HERAエステ」のヨモギ蒸しは、日本で体験できるヨモギ蒸しよりも、ヨモギや薬草の香りが濃く感じられ、蒸気も熱いのが特徴です。即効性がありデトックス効果が高いので、施術中にお手洗いに行きたくなるほど。 料金も日本で受けるよりもリーズナブルです。人気のコースは40分のヨモギ蒸しと40分のマッサージを受けて、合わせて3800円でした。日本だとヨモギ蒸しだけで同じくらいの値段が相場です。さらにヨモギ蒸しは、どれだけ延長しても延長料金が無料なので、思う存分ヨモギ蒸しを堪能したい方にはとてもお得です。 日本人スタッフもいるので、言葉の面での不安もなく安心できます。 ・残念な店 ヨモギ蒸しは本格的でデトックス効果も感じられ、また受けたいと思えます。しかしマッサージに関しては、個人差はあるでしょうが、また受けたいと感動するほどの印象はないとのこと。マッサージは受けずに、ヨモギ蒸しだけ体験しに行くのもありです。

韓国を訪れたら一度は受けたいヨモギ蒸し!

韓国で質の高い本場のヨモギ蒸しを体験すれば、その即効性と効果に驚くはずです。一度体験するとリピートする人が多いことも納得できます。日本で受けられるヨモギ蒸しと比較してみるのも面白いかもしれません。 美味しいグルメを堪能し、明け方まで開いているショッピングモールでお買い物を存分に楽しんだら、帰国前にヨモギ蒸しをして、旅の疲れを癒してあげましょう。汗をたっぷりかいて体の中からスッキリすれば、日本に帰国した後も気持ちを新たに、仕事や家事を頑張れるのではないでしょうか。 明洞を訪れた際にはHERAエステに行ってみるのもおすすめです。

rite編集部